キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/11/07
サロンやクリニックで受けられる全身脱毛の方法にはどんなものがある?の情報を更新しました。
◆2016/06/22
レイビスがなぜおすすめなのか?を新規投稿しました。
◆2016/06/15
銀座カラーの料金設定はどうなっているの?勧誘は?オプションは料金は?を新規投稿しました。
◆2016/06/08
全身脱毛がおすすめな理由を新規投稿しました。
◆2016/05/25
保湿をすると全身脱毛の効果が上がるの?を新規投稿しました。

自分で全身脱毛が出来る脱毛器の種類

自分の体に生えているムダ毛が気になって、肌を出す服を着ることが出来ないと悩んでいる人は多いはず。
脱毛サロンに行きたいけれどお金や行く時間がないと考えている人や、他の人に裸を見られるのが恥ずかしいと感じる方もいるかと思われます。

そうした場合は、自分で脱毛をしてしまう手もあります。

カミソリや脱毛クリームを使うのも良いですが、最近では家庭用脱毛器が良く使われており、自分の予定に合わせて効果的な脱毛を行うことも出来るようになっています。

いろいろな種類があるので、方式ごとの違いやメリット・デメリットについて説明していきます。

フラッシュ式

脱毛サロンやエステなどで使用されている、光脱毛と同様の仕組みを使ったものです。

方法は二種類あり、脱毛前に塗った抑毛ジェルに光を当てることで成分を反応・浸透させるSSCと、毛根のメラニン色素に吸収される光を照射するIPLに分けられます。

光が当たる範囲が2×3cm程度と広めなので、要する時間が少なく、脱毛効果も高い点がメリットです。

欠点として、使用するには専用のカートリッジが必要で、何回か使用すると交換しなくてはならない点があげられます。

逆に言えば、カートリッジさえ交換すれば長い間使用できるので、カミソリやクリームよりはコストが安くなるかもしれません。

ただし、少ないとはいえ肌にダメージがあるので、日焼けをしている肌や、皮膚の薄い部分に使用するのは避けるべきです。

影響を和らげるために、脱毛をする部分をあらかじめ冷やしておくことを勧めます。

レーザー式

こちらは医療機関で使われているものと同じタイプで、黒色の物に良く吸収される波長のレーザーを照射することで、毛根を破壊します。
光脱毛器と同様、医療機関で使われているものに比べると照射レベルは下がる物の、原理は同じです。

毛根に直接ダメージを与えるために脱毛効果が強く、太い毛にも効果が高い点がメリットです。

光が拡散する光脱毛に比べると、レーザー脱毛の方が効果の減衰が小さいので奥へと届きます。

しかし、レーザー脱毛の性質上、それなりに痛みがあるので、傷みに弱い方は選ばない方が良いかもしれません。

サーミコン式(熱線脱毛式)

これは比較的最近になって登場してきた方法で、熱によって毛を焼き、毛根を弱らせる仕組みです。

光脱毛やレーザー脱毛よりも肌への刺激が少なく、カミソリ負けしやすい肌の方でも使うことが出来ます。

熱を使う性質上、目の周りなど皮膚の薄い部分には使用できません。
また、毛根を破壊するフラッシュやレーザーとは異なり、基本的にはカミソリと同じような除毛に近いものです。

そのため、毛が生えてこないようにする効果はいまひとつかもしれません。
それでも、フラッシュ式やレーザー式に比べると安価で、効果が出るまでの時間が短くて済みます。

カミソリよりも肌に優しく、深めに除去できる点も利点です。

自分で使用する脱毛器はプロが行うサロンやクリニックに比べると仕上がりや効果に劣りますが、手軽で自分の都合に合わせて行える点が最大のメリットです。

1台当たりの価格も2~3万円で、カートリッジ代などを含めても全身脱毛コースを受ける場合に比べて安く済みます。

普段から脱毛を意識している方は、1台自分のお気に入りを持っておくのも良いでしょう。

全身脱毛安全マップTOPへ

▲PAGE TOP